サントリーのBOSSブラックをこよなく愛する男の、自己満足なブログです。

Googleドライブいいですね

GoogleDriveのイメージGoogleのクラウドストレージサービス『Googleドライブ』が先日リリースされたので、早速設定してみました。仕事ではSugarSync(シュガーシンク)を利用していますが、同様に無料で5GB用意されてGoogleドキュメントやGmailなどとも連携できますし、もちろんAndroidとも同期しますのでこちらに変えようか迷います。
https://drive.google.com

Google Driveの使用手順は以下のとおり。。。

日本語化

※既に日本語で表示されていればスルーしてください。
GoogleDriveのホーム
ページ右側にある歯車のアイコンから、「Settings」をクリックします。
設定
設定画面が表示されます。
日本語化
Laungageを「日本語」に変更します。ついでにTime Zoneも「Tokyo」に変えておきます。

「Save」をクリックして、日本語化されているか確認しましょう。
日本語化済みのホーム

クライアントソフトのインストール

このままでもドキュメントやフォルダを作成したり、ファイルをアップロードすることも出来ますが、使い勝手が悪いですし、そもそもそれだけを目的に使用する方はあまりいないと思います。ですので、パソコン内にGoogleドライブと同期するフォルダを作って手軽に使用できるようにしましょう。クライアントソフトをインストーすると自動でフォルダが出来上がります。「Windows用のGoogleドライブをダウンロード」と書かれた青いボタンをクリックします。
クライアントソフトのダウンロード
「Accept and Install」ボタンをクリックするとダウンロードが始まります。
ダウンロード画面
ダウンロードしたファイルをダブルクリックします。
実行ファイル
「Close」をクリックしてインストールを開始しましょう。
インストール開始
Googleのアカウントでログインしましょう。
ログイン画面
「Next」をクリックして次へ進みます。
Wellcome
「Start sync」をくりっくすると、デフォルトで設定された場所(C:\Users\ユーザー名\Google Drive)にフォルダが作成されます。もし、任意の場所にフォルダを作成したければ、「Advanced setup」をクリックしましょう。
Start Sync
「Change」をクリックしてフォルダを変更できます。
変更
Googleドライブのフォルダが自動で開いてインストールの完了です。
Googleドライブのフォルダ

同期の確認

作成されたフォルダ内にファイルやフォルダを作って、実際に同期されているのかを確認してみましょう。
フォルダ「test」とテキストファイルの「test.txt」を作成します。
同期のテスト
ブラウザでGoogleドライブのページにアクセスしてマイドライブを確認すると、PC内に作成したフォルダとファイルが設定されていることが分かります。
マイドライブ


もし、Androidのスマートフォンやタブレットをお使いであれば、Googleドライブのアプリをインストールしましょう。スマートフォンで撮影した写真や動画も簡単に同期させられます。
アプリ
iPhone用のアプリはそのうち出る予定のようですね。

Evernoteのように画像をスキャンして文字で検索できたり、複数のユーザーでファイルを編集出来たりと、他のクラウドストレージのいいとこ取りな感じでとっても便利ですね。

ただ、使用する上でちょっと怖い(?)記事も有りました。
http://sankei.jp.msn.com/wired/news/120427/wir12042714010003-n1.htm
参考までに。。。

コメントを残す

CAPTCHA


© 2017 iDERU – BLOG. All Rights Reserved.